戻ります。
空港にて、まちぼうけ。

Heathrow。

時間になっても、搭乗口が表示されず。
表示されたと思ったら、遅れている模様。
乗り継ぎに間に合わなかったらどうしてくれるんだ。

今日は朝から弟の引越し手伝いでして。
まさかの、ロンドンに来てまで、引越し手伝い。

今回は知人宅でお世話になる予定が、
私がロンドンに着くギリギリで、弟の部屋の修理が決まり。
それによって、隣の隣の部屋にお引越しが決定。
一瞬、弟がふた部屋持っていたために、
泊めていただけることとなりました。
ありがとう!大家さん!

そんなわけで、引越し手伝いが自動的に予定に組み込まれ。
とはいえ、人の部屋の物って勝手に動かせませんから。
「それはそのまま移動して」みたいな指示のもと、
大人しくお手伝いしていたわけですが。
だんだんと、口も挟むようになるでしょう。

これは?
「そのへんゴミ」
なんで捨てないのよ!
「……もう手伝わなくていいから座ってて」

ほら。すぐにこう。
煙たがらなくたっていいじゃないの。ねぇ。

こんな具合なのでね、洗濯物畳んだり、壁を拭いたり、
様子見ながら再びお手伝いに戻ってみたり。
なんやかんやありまして、無事にお引越しが済んだわけです。

お引越しの後は、私の大きな荷物をゴロゴロしながら、
最後のロンドンごはん。

弟とピザとパスタ。

こちら、New York Italian Restaurant and Bar。
ロンドン要素ゼロ。
まぁ、いいか。この子が楽しそうなら。
茹ですぎたパスタも、なんとなく合格点な味付けも
ロンドンらしいかもね。

最後は近くの駅で、バイバイ。
当たり前に弟がいる毎日はなかなか楽しく。
こんなに話したのはいつ振りだったかな。
こんな機会でもなければ、ありえなかった時間だったな。
日本に帰って来たら、おいしいごはん食べに行こうね。
もうちょっと。
がんばれ。
| 日記。 | 04:13 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
ロンドンで最初に来た場所で。
無事に撮影を終えまして。

撮影の後はこちら。
ロンドン自然史博物館。

これ、動いてるの!

ここってば凄いんです。
横からも、

がおー。

上からも、

なんと!

後ろからも。

羽毛のやつ。

生きてる!

動いた!
こんな具合で、恐竜三昧。
もちろん、他のコーナーもいっぱい。

陸の生き物。

最後は。

どーんと!

ダイオウイカひとりじめ。

前はふみちゃんがいたのに、今回はひとりぼっちだったのでね。
迷って迷って、閉館間際に脱出。
文字が読めなくとも、観るだけでおなかいっぱい。
| 日記。 | 21:27 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
ただいまロンドン。
Portugalいろいろはまた機会がありましたらば。

日本を出てからずーっとゆるやか時差ぼけのため、
朝6時起床、21時睡魔と格闘の日々だったのですが、
今朝初めての熟睡。一度は6時に目覚めたものの、
二度寝で9時を回って。

ゆるゆる準備をして、ロンドンで転がり込んでいる弟のところの大家さんにご挨拶。
前回の渡英振りだったのだけれど、相変わらずお話好きで。
お元気そうで何より。

仕事に行く弟にくっついて真ん中に出て、
ちょっと興味のあったミュージカルのチケットを取るべく劇場へ。
チケットの値段を伺って、一度、Leicester square の
チケット屋さんを覗いて、再び劇場に戻る道すがら、
英国紳士と仲良くなり。
チケット買いに行くんだというと、
「おっけー、買ったらコーヒー飲もうぜー」
ってなことになり。
英国紳士を待たせて、劇場へ。

30£と50£で悩み散らかしていると、
「この席だったら20£でいいよ」
とお兄さん。
先ほど教えてくれたチケットよりも安い上に、前の席だけど!
いいとおっしゃるのでね、ご厚意に思いっきり甘えることに。

うきうきで出てきた後は、2割くらいしか会話が
成立していなそうな不思議時間 in starbacks。

英国紳士と。

「この後はmeetingなんだ」と颯爽と去って行った英国紳士は、
名前を聴けば誰でもわかるような会社の人だったか、
その会社の人相手にmeetingだったか。
とにもかくにも、ちゃんとした人だった。holidayだと決めつけてた。

ここでいよいよ、久々のひとりぼっち時間でして。
Soho squareで本を広げて。

優雅でしょう。

日本は真夜中、こちらは夕方って頃。
目の前ではお酒飲みながら卓球に興じるLondoner。

そろそろ暮れてきたって頃、劇場に戻り。
今宵は。

The Girls!

実話を基にしていると伺って、どんなもんかね?と思ったのですが。
始まって2分で鳥肌が止まらなくなって、一曲目から号泣している私がおりました。
英語がわかるなら絶対観るべき。
言葉がわからない私が、最後は立ち上がっちゃったもの。
10年後20年後に、こういう舞台に立てる大人になっていたい。

あまりの感動に、来なくていいと言われていたのに弟を迎えに行き。
スーパーに付き合わせ、お酒を買い。
電車が止まってバス帰りを余儀なくされ、
帰宅が遅くなろうがおかまいなしに飲み、
その勢いで弟の部屋の模様替えを手伝い。
そんな中、母から。

そらまめだ!

明日香農園に花が咲いたよ。と。

いい寝不足。
お仕事に行こう。
| 日記。 | 17:58 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
乗り物Porto。
無事ロンドンに戻っておりますが、続きをば。

imperialのすぐ先が、Sao Bento駅。
この駅の中が凄い。

美しい。

Portugalって、タイルが有名なんですって。
ツアー客のような団体様もたくさん。

天井も素敵。

と、ここまで五人で歩いていたのに、三人とはぐれ。
まぁいいか。と、そのまま続行。

目線に電車。

電車が同じ高さを走る橋を渡り。

オレンジ色!

両側のPortugal丸出し風景を堪能。

リフト的な。

橋の上からロープウェイで下って、カフェで一休み。
この辺りから、どしどし雲行きが怪しくなり、雨の中を先ほどの橋の下段を歩いて戻り。
この橋、二段になってるんです。

橋の上は強風。

戻ったところから、お次は登山列車のような乗り物。
信じられないくらいの急勾配を、スイッと登り。
地上に出たところで市電発見。

こいつも揺れるの。

迷わず乗車。

近代的なのかなんなのか。
建物も交通も、新旧入り混じる国Portugal。
| 日記。 | 19:28 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
徒歩Porto。
「すげえマックがあるらしい」
そんなお話を聴いて、観に行くことになりまして。
お宿からぷらぷら。

いい街並みね。

地下鉄だと、三つ目で乗り換えて二つ目と聴いていたのに、歩けてしまうもので。
予定では、マック→市場→本屋のはずが、先に市場を発見。
昔はもっとお店があったのだろうなー。という感じで、
しまっているところも多いものの、お店はこの通り。

八百屋さん。

色の鮮やかさが、Portugalっぽくて。

お花屋さん。

おばちゃんがPortugalっぽくて。

お魚屋さん。

彼らの真横に肉屋という潔さがPortugalっぽくて。

鶏 before after。

入口ではなんて楽器なのか、おじさんが奏でて。

オウムとちびっこもセットのよう。

むやみやたらと明るく賑やかじゃないってのも、Portugalっぽく。

市場を出て、再びぷらぷら。

いよいよ見えてくるマック。

あのマーク!

近付いてみると。

ここだけアメリカ。

マクドナルドのロゴの上に鷲、そしてimperialの文字。
中はというと。

ゴージャス!

ステンドグラスにシャンデリア!
でも、メニューはお馴染みのもので。
強いて言うなら、カフェのメニューにナタがあったり。
Portugal色がほんのり。
| 日記。 | 19:37 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
突然ですが、Portugal です。
Portugal!

Portugalはあったかいと言われ、全力冬仕様の私としては
何着りゃいいのかと途方に暮れていたのですが、
よくよく聴いたら、雨で寒いって予報らしく。
今回はどこに行っても寒いやないかい!と思っていたのですが。
少なくとも、雨は回避できた模様。やったぜ。

すぐそこ線路。

Portugalの電車は、ホームが非常に低く。
電車も窓が大きくて、アトラクションのよう。
座って見るとシートが固くて。
振動がまんま伝わるあたりもアトラクション感満載。

空港でいただいた地図に最寄り駅だけ印しておいて。
ホテルの周りをぷらぷら。

キラキラしてる!

角のパン屋さん的なカフェで、エッグタルトとエスプレッソ。

素敵おやつ。

これで、1ユーロ。120円てとこかしら。

カフェからスーパーに行くと、ここもまた。
何から何まで安い安いの嵐。
片っ端から買ってしまいたくなるような、素敵さ。
スーパーから少しお散歩してみると、やっぱり坂の街だなぁ。と。

八百屋さんもオサレ。
続きを読む >>
| 日記。 | 18:13 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
魔法でもどうにもならないくらい寒いのですが。
ここへ来て、ようやくのお仕事。
あっちへこっちへ、散々行かせていただいたのでね、
そろそろ真面目にやらないと、日本方面から叱られそうで。
寒さにも強風にも先の細い靴の痛さにも負けず、
行ってまいりました。
こちらは何らかの形でお写真をいただけたら、
いつかどーんと。

撮影の後、事務所のそばをぷらぷらして、
ナンみたいなやつでいろいろ巻いたwrapを食べて。
おうちで荷物を片付けたら、再び出発。
今夜はこちら。

ジーニー!

Parisに行く前から大事に大事にお財布にしまってあったチケットの出番。
座席を見つけて座ってみたら、こんなにも。

どん!

こんなにも近くて!

どどん!

それだけで胸がいっぱい。

ジーニーが登場する魔法いっぱいのシーンは
曲終わりの拍手が鳴り止まず。
ここで幕が下りちゃうんじゃないかってくらいで。
ジーニーはここにいた。震えた。

終演後に「今から行くよー」と連絡をして
弟の職場に向かったのだけれど、
予想をはるかに上回るほど時間がかかっていたらしく、
日本にいる母にまで迷子情報が流れる始末。
地図見て来たのよ?これでも。

ここでは23時を過ぎるとお酒を売ってくれないので、
ギリギリアウトだった私たちはピクルスと
ヨーグルトとパンだけ買って帰宅。
日本では市場が動くの動かねえのと揉めてるよ。とか、
国の土地をわけわかんない額で買って建物建てちゃってから、
返還するのしないのって揉めてるよ。とか、
続々と引退していくよ。とか、ピクルスつつきながら。

外から見ると、やっぱり変な国だよな。って思うことばかり。
こっちもこっちで、なかなかに変な国なんだけど。
中にいるとわかんなくなっちゃうものね。
| 日記。 | 19:00 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
Parisです。
朝のパリをお散歩していたら。

めえ。

ヤギ発見。
繋がれているし、近くには花壇の整備をしている人がいたから、
きっと、彼が連れてきたのだけれど。
初めまして、パリのヤギ。

観覧車が見えたり、

結構速く回ってる。

ルーブル美術館がどーんと見えたり、

べらぼうに広い。

オルセーには動物がたくさん居たり、

ぞうさん。

パリらしい景色の中、スリ集団を大きな声で撃退したりしながら、
セーヌ川を渡ってカフェでコーヒー。
日本じゃ絶対しないもんね。早起きしてお外でひとりコーヒー。

で、ぷらぷらお買い物しつつ、目的の場所に行ったのですが。
結論から言うと。
ギリギリまで調整していただいたのですが、
今回、まきこさんとはお会い出来ず。
同じ国に居たとしたって、すぐには会えるものじゃないものね。
本番、おつかれさまでした!
次に日本にいらっしゃるときには、たくさんのお土産でお迎えしよう。

残念を抱えながら、最後のパリごはん。
扉を開けた時の「いらっしゃいませ」から始まり、
お手洗いを借りようかと立ち上がれば「二階です」と、
たまに日本語を挟むウエイターさんがおりまして。
料理はすべて、「おいしいでーす」と出てきます。

最後もいい人たちに会えて、再びEurostarでロンドンへ。
ロンドンで起こった事件を車内で知り、一体、
どんなことになっているだろうかと心配していましたが、
皆さん意外と普通に暮らしてるもので。
遅くまで飲んでいる人も、外を出歩く人もいつも通り。
ただ、現場近くの駅は封鎖され、電車には警察の人が乗っていて。
普段の帰り道よりも少し安心感だけど、
早く詳細がわかってくれればいいと願うばかり。
| 日記。 | 20:23 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
bonjourとmerciと、ときどきsorry。
打ち合わせにおまけとして同行、長いランチに参戦。
フランスで長く暮らす日本人と、イギリスで長く暮らす日本人と、
日本しか知らない私が話しているのは、なかなか面白い光景。
どこの国にもある、不透明な政治の話はなかなか興味深く。

食事の後は、街中をぷらぷら。
ロンドンにもあったけど、パリも落書きがいっぱい。
でも、なんかちょっとロンドンとは毛色が違うというか。

猫。

こんなオサレなものから、

これなら怒られなさそう。

私が喜びそうなのから、

マリオだー!

一体どうやって描いたの?ってくらいダイナミックなものまで。

もはや壁画のレベル。

さすが、芸術の都。
ぷらぷらした後は、ピカソ美術館へ。
続きを読む >>
| 日記。 | 16:36 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
いざ、Paris 。
まもなく出発。

Eurostarです。
電車で他の国に入るって、いつもながら不思議で。
多摩川超えたら東京都!みたいな感覚で、フランス入り。
Eurostarから地下鉄に乗り換えて、地上に出ると、
初めて来たときの景色で。
これってなんとも感動的。

パリの事務所の方にご挨拶して、ギャラリーの見学をさせていただいて、
皆さんのお仕事が終わるまで、近くのカフェへ。
座って落ち着いて注文を済ますと、
どうやら隣のテーブルがお誕生日会らしく。
歌が始まったので一緒に拍手をすると「メルシー」って。
こういう出会いが楽しいのよね。

お誕生日な皆さんの中に混ざるちびすけは外人な私が気になるようで、
けりんちょに乗っては、ちょっと近くに寄ってくる。
あんまりにもかわいいもんだから、そのカフェの
ペーパーナプキンで大きな折り鶴を作ってあげると、
ちびすけも、お誕生日な皆さんもとても喜んでくださって。
「メルシー」の嵐。いいね。旅っぽい。

夜は韓国料理屋さんへ。
日本で食べる、日本味の韓国料理とは少し違って、
辛さも本気なフランス味の韓国料理。
日本人の私にとって、異国×異国なお料理でした。

パリオペラ座!

初めて来たときは地味に体調崩したり、香水にやられたり、
読めない聴き取れないこの国にいい印象を持てなかったのだけれど、
出だしは良好。
ただし、治安の悪さは変わらないようなので、
鞄はがっちりおなかの前に。

銃なのか何なのか。
| 日記。 | 14:59 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
PROFILE
1984年4月生まれ。
神奈川県出身。
加川事務所所属。

ありがとうございます三本木さん!!

最近、血液型が特殊であることが判明。
A型ですが、同じ型の人は
250人にひとりなんだってさ。
でも抗体があるわけじゃないから
今のところなんともないし
A型なら輸血も可能なんだそう。
人体ってば不思議。

きりんさんが好き。

やっぱり、操縦桿でしょうね。

ちゃりんこで動物園に行って
きりんさんだけ見て帰ってくる
きりんさん充電日がある。


お問い合わせはこちら。
〒169-0074
東京都新宿区北新宿1-17-9-208
加川事務所


   ●Information●


ツラヌキ怪賊団 Tribute Sailing
『一日だけの恋人』『ここだけの話』

高橋いさを二人芝居。

5月16日に無事千穐楽を
迎えることが出来ました!!
ご来場くださった皆様、
応援してくださった皆様、
ありがとうございました!!


The Komoto Dact『キオリ』

Kiori。

3月18日に上映を
終えることが出来ました。
ご来場くださった皆様、
応援してくださった皆様、
ユジク阿佐ヶ谷さん、
ありがとうございました!!


『CR嘘喰い』



声の出演してます。
実写じゃ絶対回ってこない役!!


アートハート倶楽部特別編
キオリの特集をしていただきました!!
ありがとうございます!!


OCNさんのWeb-CMに出演してます。
第一話
第二話
声はなんと、すべてアナゴさんの
あの方。


「モーニングセット、牛乳、春」

『モーニングセット、牛乳、春』
岡部美鈴役で出演。


CSテレ朝チャンネル1
新番組『SOLD OUT』
ツラヌキ怪賊団
「ねぇ、ヒルガオが咲いてるよ。」

桜井さんとユウヤと、夏子。

2013年12月08日(日)23日(月・祝)に
本編約2時間+DVD未収録映像を
放送していただきました‼


『SOYJOY CM』
海外で流れたんですって。

LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS
RECOMMEND