初参戦。
サカキさんたちとお会いして、
もう10年になるようで。
その間、何度となくお誘いいただきながら、
逃げ切ってまいりましたが、この度、
いよいよ逃げきれなくなりました。

--------------------
『七慟伽藍・其の二十』

『七慟伽藍』

◆会場
横浜情報文化センター6F
情文ホール
https://www.idec.or.jp/shisetsu/jouhou/
〒231-0021
神奈川県横浜市中区日本大通11番地
情報文化センター6階
情文ホール

★アクセス
●電車の場合
・みなとみらい線
日本大通り駅 3番出口徒歩0分(直結)
・JR関内駅
南口下車徒歩10分
●車の場合
横浜首都高速
横浜公園ランプより3分

◆日程
2019年6月29日(土)
17:00-18:40

2019年6月30日(日)
12:00-13:40
16:00-17:40

(全3回公演予定)

◆観劇料
¥6000 全席指定席
※ご予約・入金の早い方から順に、
前方よりお席を取ります。
他にご希望のある方はお申し付けください。
また、本会場は車椅子のお客様にも
ご覧いただけます。
車椅子の方は最前列での観劇となります。
その旨、予約サイトにも明記いたします。

ご予約はこちらから。
--------------------

さぁ、大変なことになりました。
『Carmen』の後からじわりじわりと
そのお話は浮上していたのですが。ね。
早かったなぁ……時間がないよ……あぁ。
そんなわけでね、久々の新作。
初めての朗読劇。
THE REDFACEファンの皆様からの
再演希望のお声も多い、七慟伽藍。
ご予約はどうぞ、お早めに。
| 劇団レッド・フェイス。 | 17:30 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
横浜カルメンの陸。
最初のお芝居が終わると、
しばらく舞台上には出ていないわけですが、
この間は裏で出捌けの介錯をしたり、
第一幕で使った衣装をまとめたりと、
すみやかに劇場を出られる準備をしつつ進行。

で、一度出るとまたバタバタ。
一番好きなWフラメンコの後、
サートーマスと一緒に出るわけですが、
ここはいつもふんわり。
名古屋同様、直前でお互いの捌けと動きを確認。
鍛えられますね笑

舞台はこの後は『Carmen』パートのラスト、
そしてビゼーの話になるのですが、
この『Carmen』大盛り上がりの最中、
私はといえば早替えの準備。
この準備を済ませて、サートーマスとスニガのお芝居中に
中幕の中で旦那様ビゼーと一緒にスタンバイ。
ここで初めてビゼーと話をするのですが、
ビゼーは死体なのでね……
最後まで台詞を交わすこともないのですよ……

ジュヌビエーヴの叫び声で中幕が開くと、
そこからは音楽の無い、お芝居のみの時間。
張り詰めた空気の、とてもいい緊張感を
お客様がくださいました。
横浜も、怖いくらいの集中力。

この場から捌けた後は、
今のお芝居が嘘みたいな大着替えをし、
またしれっと出て行って、再び大着替え笑
この再びの大着替えのときに、
スッと壁になってくださったのは
やっぱりはるなさん。優しい人だなぁ……。
| 劇団レッド・フェイス。 | 11:40 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
横浜裏メンの伍。
まだまだ平成のやり残し!

休憩に入った17時02分。
影ナレは17時17分、
ブザー・客電は17時22分予定!

と、ここから再び受付りえさんと連絡を
取るわけですが、ごった返しているようで
どうにもならず。
そこで、サカキさんと相談し、
影ナレは予定通り入れてから
再度りえさんにお電話。
お手洗いの最後のお客様まで確認して、
ブザー!客電!
よーし、これで一息。
と言いたいところですが、このまま出番なわけで。

第二幕はピアノとフルートの演奏でスタート。
カルメンの歌の合間に台詞という、
餅つきスタイル。実は、最難関。
それだけでなく、台詞の後は客席を
通り抜けなければならないわけで、
噛んだりとちったりしようもんなら、
恥ずかしさ満点。

終演後にお客様から、
「休憩中はどうやって過ごすの?」
と質問されましたが、答えはこちら。
第一幕終了からタイムを計り、影ナレを入れ、
受付と連絡を取り、ブザー、客電、出演!
でしたので、第二幕最初の出番までは休まず。
でした。
| 劇団レッド・フェイス。 | 23:32 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
横浜裏メンの肆。
客電まで落とすと、三井さんが幕を開け、
第一幕がスタート。16時03分。

ここで落ち着いてコーヒーでも飲めたら素敵なのだけれど、
わりとすぐに出番だったりして。
今回もまたざわざわしたまま舞台に上がったのでした。

って何事もなく無事に進行していかないのが舞台。
生モノですものね。
突如やってきたのは、
「カルメンのネックレスが弾けてビーズが散らばった!」
というお知らせ。
踏んで滑ると事故になるのでね、
サカキさんに耳打ちして、ほんの少し台詞を伸ばしていただき、
中幕が閉まる一瞬の隙にほうきと共に舞台に上がり、
とりあえず踊りで使う辺りから掃き出して。
生モノです。生モノ。
| 劇団レッド・フェイス。 | 23:59 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
横浜裏メンの参。
そんなこんなで、まもなく本番5分前。
そろそろ影ナレ入れていいかしら……
楽屋はそわそわ、受付はバタバタ。おそらく。

サカキさんのGOで影ナレを入れ、
受付に連絡を取り、状況を聴き。
建物が古いせいか、時々電波が途切れ、
さらに慌て。
二度目の電話で話が出来て、その2分後にブザーを押すことに。
ブザーの後は客電を落とすだけ。のはずが、
あれ……このスイッチは触っていいんだっけ……?
普段なら気にならないところに目をやってしまったがために、
どれを押すんだか急速に自信がなくなり。
近くにいた三井さんに聴いたせいで、
三井さんまでそわそわ。

結局、印のないそのスイッチだけは触らなかったのだけど、
時間がないときって余計なこと考えるんだなぁ……と。
| 劇団レッド・フェイス。 | 23:58 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
横浜裏メンの弐。
12時。
第二幕の通し、その他確認開始。

いろいろ終わって、ふっと一息ついた14時。
お仕事が飛び込んで参りました。
「明日香、影ナレお願いしてもいい?」
名古屋の悪夢、再び笑

「それじゃ、原稿書くわ」とりえさん。
ところが、この時間はみんなが駆けずり回っておりまして。
原稿なんて書いている場合ではなさそうだったので、
自分でぽちぽち書いちゃ消し書いちゃ消しし。
途中りえさんを捕まえてGOをもらって、
サカキさんを探して影ナレの段取りを聴き。

と、ここでブザーと客電スイッチも
私の手にかかっていることを知らされるわけで。

「影ナレ入れて、5分後にブザー鳴らして、
客電を消す」
ただこれだけの作業なのに、本番直前なもので
あばばばば……となるのです。

私がこうやって影ナレにあわあわ出来たのは
スーパー制作・ビッケさんの登場によるもので。
アイロンがけは小屋入りの日にすべて終了!
お見事……女子力!
ビッケさん、ありがとうございました!
| 劇団レッド・フェイス。 | 23:43 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
横浜カルメンの裏面!
今回もいろいろありましたのでね。
明日香目線のばたばたをば。

13日(土)9時。

劇場入りしまして。
明日香、フランス人計画始動!
頭をぐりぐり巻かれている間に、
男子が続々到着するわけですが、
「裸足で駆けてくあの人」とか
「パーマ中の母ちゃんの見たくない姿」とか、
言いたい放題。
ですが、この早い時間に巻いていただいたおかげで、
フランス人になれたわけです。

後ろ姿。

で、時間があるからと顔まで作っていただきまして、
何がどうなっちゃったのかわからないほどの
凹凸を付けていただき。
目を真ん中に寄せていただき。

三井さん撮!

おぉ……すげえ。
| 劇団レッド・フェイス。 | 17:17 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
ありがとうございました!
『Carmen Opera comic』横浜公演に
ご来場くださいました皆様、
本当にありがとうございました!
満員のお客様の前でお芝居出来る幸せを
噛み締めております……

開港記念会館!

スーパーヘアメイク・水島さんのお力で、
鼻を付けることなく、フランス人にしていただき。
人の髪って、こんな風になるんですよ。
本当に、お見事でございます。

ジュヌビエーヴ完成!

終演後も、たくさんのお客様に声を掛けていただきました。
しばらくこの顔でいようかしら……って思ったものね。

名古屋よりは落ち着いて本番を迎えられるかしら。
と思っていましたが、そんなわけはなかった笑
そんなあれこれは、またいつか。

あぁ。お祭りが終わった。終わってしまった。
今朝は魔法が解けて、真っ平らな顔に
おじさん寄りの声で放心。
夢のようでした。

ありがとうございました!

スタッフの皆さん、キャストの皆さん、
本当にお世話になりました。
ありがとうございました。
| 劇団レッド・フェイス。 | 20:58 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
カルメンからの不完全世界!
稽古に当日撮影で入ってくださる伊藤さんと、ヘアメイクで入ってくださる水島さん、
みんな大好き宝亀先生が来てくださって。

通しをしながら、あちこち詰めていくわけですが、
初演では水島さんが入ってくださったとのことで、
カルメンにやって来るのはおよそ3年振り。
初めましての私はご挨拶と、こんな役です
ってなお話をさせていただいて。
稽古を見ながらいろいろ思い出した水島さん。
「ジュヌビエーヴの写真てあります?」

水島さんりえさん私で写真を見ながら、

前は前髪があって……
「ジュヌビエーヴってフランス人だよね?」
「そうですそうです」
「この辺がつるんとしてるから」
すみません、平たくて。
「もっと巻いて、この辺にボリュームを」
「フランス人だから」
「あ、タイタニックみたいな感じ!」
すみません、顔面が沈没してて……
「フランス人だからーー」

この後、20回くらいフランス人が飛び交い、
自分の顔の平たさにしょぼん。
巻いて盛って、鼻も付けましょうか。いっそ。
私のフランス人具合をどうぞお楽しみに。

そして、こちらは。

台本通り言わないから……

不完全世界のアフレコ直前。
Komoto dact以外の俳優さんがいらしたり、
子役さんがいらしたり、
いよいよだな!という感じなのですが。
めちゃめちゃ練習しなくてはいけないくせに
睡魔に負けたとかね。言えない。言えないよ。
子役さん、達者なんだよなぁ……困ったなぁ……
おばちゃん、自分のお芝居に口が合わないよ……
何にも出来ないのに、パンがおいしい。
宝亀先生、パンがおいしいです!
| 劇団レッド・フェイス。 | 17:34 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
あと5日!
横浜カルメンが迫っております。

稽古中。

座っているのは、役者ズ。
手前から、私、三井さん、若さん。
爾汝の頃からですから、サカキさんと同じく、
長く長くお世話になっております。

名古屋のとき。

お兄ちゃんたちの安心の背中に寄り掛かり委ねて、
台詞を食って芝居が変わっちゃって迷惑をかけて。
いつもすみません。

名古屋のとき。

名古屋に引き続き、ご一緒出来るって幸せ。
準備本番お片付け打ち上げまで、
どうぞよろしくお願い致します笑
| 劇団レッド・フェイス。 | 18:33 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
PROFILE
1984年4月生まれ。
神奈川県出身。
センシティブ・プロデュース所属。

ありがとうございます三本木さん!!

最近、血液型が特殊であることが判明。
A型ですが、同じ型の人は
250人にひとりなんだってさ。
でも抗体があるわけじゃないから
今のところなんともないし
A型なら輸血も可能なんだそう。
人体ってば不思議。

きりんさんが好き。

べぇ。

ちゃりんこで動物園に行って
きりんさんだけ見て帰ってくる
きりんさん充電日がある。




   ●Information●


2019年、秋
The Komoto Dact 新作
『不完全世界』

不完全世界。

予告編はこちら!

2020年2月15日(土)18時30分
神奈川公会堂にて
先行上映決定!

神奈川公会堂ver.予告編!

YOUテレビさん
告知していただきました!

代々木駅前にて
毎日18時から22時投影されています!
(株)マスターマインドさま、
ありがとうございます!



第22回小津安二郎記念・
蓼科高原映画祭にて
世界初上映でした!


The Komoto Dact『キオリ』

Kiori。

ユジク阿佐ヶ谷さん、
ありがとうございました!!


『CR嘘喰い』



声の出演してます。
実写じゃ絶対回ってこない役!!


アートハート倶楽部特別編
キオリの特集をしていただきました!!
ありがとうございます!!


CSテレ朝チャンネル1
新番組『SOLD OUT』
ツラヌキ怪賊団
「ねぇ、ヒルガオが咲いてるよ。」

桜井さんとユウヤと、夏子。

2013年12月08日(日)23日(月・祝)に
本編約2時間+DVD未収録映像を
放送していただきました!


『SOYJOY CM』
海外で流れたんですって。

LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS
RECOMMEND